加齢臭対策を真剣に考える

main_top_over_navi
main_top

新着コンテンツ

加齢臭の対策とガム

加齢臭は、40歳前後から現れる中高年特有の臭いの体臭のことです。加齢臭という言葉は、2000年に化粧品メーカーの資生堂によって名づけられました。この加齢臭は、特に若い女性から嫌がられる臭いです。加齢臭は特に男性に目立ちますがを、自覚症状がないため、自分の知らないところで噂されている可能性があります。さらに、自覚症状がある時には、加齢臭の臭いはもうかなり悪化している状態です。


40歳を目安に、加齢臭があってもなくても予防・対策をとっていく必要があります。加齢臭の予防・対策グッズは数多く出ています。ここでは、簡単にできる予防対策グッズを紹介します。それは、加齢臭ガムです。カネボウフーズが発売している「オトコ香る」というガムで、大変人気のある商品です。このガムは、かむと1〜2時間後に体内からバラの香りがしてくるという、男性向けのフレグランスガムです。ガムを噛むだけで体内から加齢臭でなくバラの香りがしてくるとしたら、これ以上簡単な加齢臭の予防、対策はありません。


どうして、ガムを噛むだけで体臭がバラの香りになるのでしょうか。その秘密は、バラに含まれる香り成分ゲラニオールにあります。この成分がガムの中に含まれていて、それが口の中や腸管から吸収され、皮膚の汗腺から発散される際、加齢臭のかわりにバラの香りがするというものです。このオトコ香るガムは、それほど大きく宣伝をしたわけではなかったのですが、中高年男性の間の口コミだけで広まり、一時、生産が追いつかなくなるほどの人気でした。簡単に加齢臭を防止できることが魅力の一つでもあったと思います。


ネットショップでも購入可能となっています。加齢臭をバラの香りに変えてみたい方は、ぜひ一度試してみるのもよいと思います。

加齢臭の原因と臭いの強い人と弱い人

加齢臭は、化粧品メーカーの資生堂によって2000年に名付けられたまだ比較的に新しい言葉です。年齢がかさむに従って出てくる加齢臭なのですが、なぜ最近になって騒がれるようになってきたのかというと、その背景には日本の食生活の変化が関係しているようです。もともと日本人はにおいの少ない民族であると言われていましたが、それは日本人が和食中心の生活を送っていたからだそうです。


魚や野菜が中心の和食は、植物性食品がメインとなっているため体臭が発生しにくいと言われています。しかし、和食中心の生活も次第に変化し、今では欧米化してきて、高脂肪で高たんぱくな食事に変わり、肉や乳製品といった動物性食品が中心の食事となってきました。このことが、加齢臭の発生しやすい体を作ることにつながっているようです。資生堂の研究で加齢臭の臭いの元がノネナールというにおい成分であることが発見されたのが2000年です。


まだまだその知識が少ない人もたくさんいるはずです。年代に関係なく、きちんとした知識を身の付けていきたいところです。加齢臭には臭いの強い人と弱い人がいます。それはなぜでしょうか。臭い元であるノネナールは汗腺のそばの皮脂腺から出る脂が酸化してできる物質です。従って、皮脂が出やすい人と出にくい人では当然ノネナールのは声量が違ってきますので臭いの強い人と弱い人の差が出てきます。また、日頃から臭いのケアをして清潔にしている人と不潔にしている人では、かなりにおいの強さが変わってきます。女性と男性で加齢臭が目立つのは男性ですが、それは、男性に比べて女性のほうが日ごろから体を静けにしていますし、臭いに気を使っていることにもよります。このほかに、喫煙・飲酒・ストレス、不規則な生活を送っている人も加齢臭の原因となっているため、規則正しい生活を送っている人と比べると臭いが強い人と弱い人が出てきているようです。

加齢臭の原因とノネナール

加齢臭は、年齢とともに出てくる臭いであり、特に中高年の男性におこる特有のにおいです。加齢臭の臭いというと、決して気分が良い匂いではありません。この加齢臭独特の臭いは、いったい何が原因なのでしょうか。加齢臭で悩んでいる中高年男性は、決して少なくはありません。加齢臭の対策を考える前に、やはり、加齢臭の臭いの原因をしっかりと理解する必要があり、また、理解することが加齢臭の対策でもあります。


加齢臭という言葉は、2000年に化粧品メーカーの資生堂によって名づけられました。また、資生堂の研究所は、中高年の独特なにおいの原因がノネナールというにおい成分にあることを発見しました。加齢臭の原因がノネナールだということはわかりました。では、このノネナールとは何でしょうか。ノネナールとは、不飽和アルデヒドといった刺激臭の一種で、年齢とともに増えていく物質のことです。


パルミトオレイン酸という老化物質が酸化、もしくは分解することによりいろいろな脂肪酸ができますが、その一種がノネナールという物質ということです。もう少し簡単に説明するならば、ノネナールは汗腺のそばの皮脂腺から出る脂が酸化してできる物質です。このノネナールは、年齢や性別を問わず、誰にでもあるものです。もちろん若い人にも存在していますが、その量は少ないです。ただ、年齢を重ねるにつれて、皮脂線の中にパルミトオレイン酸は急増し、また、体の脂の酸化を防ぐ力が中高年になると次第に弱まってきてしまいます。


その結果として、ノネナールが多量に分泌されることになってしまい、加齢臭が発生することになり、臭いが強まっていくようです。中高年の加齢臭としてのにおいが強いのは、こんなことからのようです。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 加齢臭対策を真剣に考える All Rights Reserved.